福岡コラボ前日に、宮添和美さんに身体の
メンテナンスをしていただきました♪

宮添さんは、唐津(浜崎駅)で療術院をされています♪

わたしは毎日のパソコン作業で眼も肩もコチコチです(^^;)
宮添さんだったら何とかしてくれる!という気持ちで
唐津へ向かいました。

海の近くにあります♪

マッサージを受けた感想をかかせていただきます♪

まず、マッサージが始まって30分ぐらい経過したときに、
突然宮添さんのご指導霊さまが現れました。

中国の始皇帝時代の医師の男性の方でした。
(名前もお聞きしましたので宮添さんにはお伝えしました♪)

シルクの中国風着物の菊の文様がある白衣に、帽子、
絹で織った紺色の帯をしめ、黒い絹の靴を履いています。

この姿は皇帝や皇后の脈をとる時に着る
正式な服装だとおっしゃいます。

その方が、わたしに宮添さんのマッサージ動作の
一挙手一投足の解説をしてくれました。

特に印象的だったのが、ふくらはぎと背中のマッサージ
の時に、宮添さんが行う動作を

「この動作は、古代の中国に伝わっていた動作で、
身体の細胞や筋肉の水分、酸素、ミネラルの含有量を
中道に戻す動作です。地球の成分に限りなく近い含有量に
調整することで身体が正常にもどり、軽くなります。
人は地球の成分からできてるのですから、
その成分の比率、バランスを整えることは古来から常識でした。
それを一連の動作で整えます。」

と分かりやすく解説してくれました。

また首から頭のマッサージの時は、
「この動作は、再構築の動作であり、硬く壊死寸前の細胞を一旦壊して
健康な細胞にくっつけて再構築していく動作です。
調子が悪く下がってしまうDNAの螺旋を、上がるように促す動作です。
上がるときに氣を吹き込むことで一層の効果があります。
これはすべて中国の奥義なる動作で私が彼女を指導しています。」

宮添さんのご指導霊様は仰います。

「過去世ではわたしは、ごく限られた特権階級にしか
この奥義を使うことが許されなかったのです。
本来この技術でもっと多くの方の苦しみや病を祓うことができた。
好きな場所(海の見える唐津)で、ご縁がある市井の人々に
この技術を施したい。だからこの方(宮添さん)の
指導霊をしています。」

「そしてこのことをあなたからこの方(宮添さん)に
どうか伝えてほしい。
もっと確固たる確信をもってやっていってほしい、と。
傍にいるので安心して技術を人々に振舞ってほしいのです。
私の技術が必要な方、そしてわたしが施術したいと思う人を
あなた(宮添さん)の元に導きますから、
安心してやってください。」

**********
施術を受けている時、通常その場でこのような事は
お伝えしませんが、宮添さんの守護霊様、
そして私の守護霊様の許可があったので
メッセージをお伝えさせていただきました。

最後にご指導霊様は私に言いました。
「脳の緊張を溶くには身体の緊張を溶いていくことが必要です。
特に細胞や筋肉組織の酸素のバランスを整えることが大切なのです。」と。

そして宮添さんから了承をいただき、
このことをシェアさせていただきます<m(__)m>

感謝を込めて∞サラ