元氣で生きる(14) ~ケリー・ターナー著「がんが自然に治る生き方」より~

原則3 他人の批判に屈しない

 

そのために必要なのは、理論武装です。

 

自分で治療法を決めようとする人は

 

病院では「面倒な患者」とみなされ、

 

医師をはじめ、医療スタッフから

 

ぞんざいにあつかわれることさえあるからです。

 

 

 

(劇的な寛解を遂げた女性、ジャニスの話より)

 

医師も看護師も、

 

「代替治療に効果なんかない。

 

そんな努力は無駄だから、

 

諦めて運命を受け入れなさい」

 

と言いましたよ。

 

(中略)

 

もしわたしがもっと従順で、

 

医者の話を素直に聞くような人間だったら?

 

今日、こうして生きて体験をお話しすることはなかったでしょうね。

 

 

ケリー・ターナー 著

長田美穂 訳

プレジデント社 発行

「がんが自然に治る生き方」より

 

 

FB_IMG_1492178821733

熱田神宮にて 撮影:名古屋「松竹旅館」支配人

 

4月21日(金)

 

もしもですね、病院のドクターに、

 

「舞鶴療術院なんてわけのわからないところに行くのはやめなさい」

 

と言われた時は、こう反論?していただいたらどうでしょうか?(^_^)

 

私は理論的に解りやすく話すのがとても苦手なので、説得力ないかもしれませんが・・・

 

「そこの整体師さんは看護師さんでもあるから、安心なんです。

私の身体や病気や治療のために良くないことはされません。

それに、わけがわからないけど、氣持ちがよくなって、楽になって、元氣が出てきて、

何だかとっても幸せな氣持ちになるンです。

何でですかね?

セロトニンってのがたくさん出てるからですかね?

ってことは、免疫力が高まるんですかね?」

 

舞鶴療術院の施術を受けられたお客様は、

多幸感を感じられることが多いようだということは、

私にも何となくわかっていましたが、

 

先日、大切な友人でありお得意様で広報係もしてくれるユミちゃんが、

ズバリそう表現して伝えてくれました。

感謝感激です。m(__)mありがとうございました。

 

どうしてそんなに気持ちがよくて楽になるの?

 

「あ~それなら気持ち良くないわけないね」

という、ちょっと不思議な本当の理由を

未だご存知ないお方は、

下記URLをクリックしてみられるといいかもしれません。(^_-)⭐

 

それでは、

皆様、今日も一日お元氣様で。💛✨

愛と癒しと感謝を込めて

宮添和美

 

疲れたからだに💛✨舞鶴療術院~癒しの手~
〒849-5131 佐賀県唐津市浜玉町浜崎969
☎ 0955-56-8487 & 080-5049-8008
☆彡宮添和美のFacebookメッセンジャー
からのご連絡もお受け致しております。
受付時間 13:00〜20:00
定休日 月曜日
駐車場 有り
最寄駅 筑肥線 浜崎駅 より徒歩3分

・舞鶴療術院

http://maiduru-ryoujyutsuin.com/